1・2・3で

a0145046_2243248.jpg

1・2・3で、手を繋いで飛んでみた。
あのね、僕らの感情は単純じゃない。

ぐじゃぐじゃにされた心は
何回も 何回も 輪っかをくぐって 少し解けるぐらい。


そう、だから 
一人が平気になって

途方もない道のりを歩いて

遠いいつかみたいにまた泣いて 。

懐かしい涙の味。
幼き夏の 夕暮れの匂い。










人気ブログランキングへ クリックして応援よろしくお願いします。いつもありがとう。
[PR]
by noriko_photo | 2010-04-27 23:59 | 言の葉-オモイ。-
<< 祈り いつか笑える日 >>