優しさ

a0145046_14434755.jpg


あたしに気付かれないように そっと道に置かれてきた優しさは
一体どれくらいあるのだろう?

古ぼけた可愛い包装紙に包まれたもの、
この手にひとつ乗っただけでも
泣いてしまいそう

あたしは、あたしを想い
代わりに自分が傷付くことを選んだ、優しい人の涙の上に立っている

幸せの階段が崩れ落ちる、そのときでさえも。













人気ブログランキングへクリックして応援よろしくお願いします。いつもありがとう。
[PR]
by noriko_photo | 2010-10-16 14:46 | 言の葉-オモイ。-
<< あなたが必要だ 愛だけでは終わらない >>