タグ:詩と詞-オトガアル。- ( 10 ) タグの人気記事

運命風

a0145046_11265928.jpg

“カゼノヨウニ カゼノヨウニ”
ただ過ぎる者
舞い上がる花の香りを 吸い込むように
掌から零れた水滴を 芽に降らす
この体は自由で 誰も俺を掴めない

皆を毎日支える地面  「安心する」
そんなものにはなれないけれど



吹きつける そんな風が痛いという
人間の感覚なんて分からなくて
どのくらい優しく通り過ぎればいいのかなんて分からない

“カゼノヨウニ カゼノヨウニ”
ただ過ぎる者でいよう

a0145046_11511292.jpg

枯れ葉の道を一人歩く女〈ヒト〉がいた
なんとなく横顔を眺めていた

枯れ葉を手渡すように
1枚踊らせてみせた

去ろうとした後ろから 聞こえてきた
『ありがとう』

見えたのか? そんなわけはない
宿命は “カゼノヨウニ カゼノヨウニ”
ただ過ぎていくだけだよな



君の言葉は気まぐれで
俺の存在も気まぐれだ

なんだか分からないけれど 
きっと俺にとって 大切な出逢いのような気がするけれど

俺は留まれやしない

そして今日も君は 泣いていた

a0145046_11585891.jpg




自由に飛べる? 暖かい場所さえない
気まぐれと呼ばせることで誤魔化し噛み殺してきた
俺の水滴は いつかどこかで枯れていた

君の水滴は どんな理由で今も流れているんだい
哀しくて泣いているっていうのに
どうしてその水滴は温かいんだい



a0145046_11383155.jpg


風を一斉に吹かせ 枯れ葉を舞い上げる
君の瞳が零す水滴と共に
命を終えた枯れ葉が
色彩の華のように道を示す

なぁ、これで君にも同じ景色が見えるかい
俺が見たこの道の先の景色

君が見せてくれた
全く新しい景色



“カゼノヨウニ カゼノヨウニ”
枯れ葉舞い落ちる道の先
なぁ、俺は行くよ

ただ過ぎていくのではなく
望んで光の中へ
君のおかげで 俺は行くよ












人気ブログランキングへ クリックして応援よろしくお願いします。いつもありがとう。
[PR]
by noriko_photo | 2010-05-29 11:03 | 詞-オトガアル。-

彼女が打ち落とされたモノ

a0145046_13312818.jpg

手に握りしめたもの 無残に打ち落されて
彼女はここへ来た

彼女は狂わされた
しかしその目は涙を覚えていて
不完全で 僕はそれが嬉しくて
落とされたモノ 必死に探る手握りしめて
もう一度この人を送り出そうと
必ずそうしようと思った



彼女が打ち落されたモノ
きっとその中には必要ないものもあるだろう
でも彼女は探してる
びしょ濡れになって 泥だらけになって 満身創痍になって
そうすると僕は僕を疑いだして
無駄を省けたと喜んでいたのは僕は
どこまでが人間らしかったろう



彼女が打ち落されたモノ
きっとその全てが必要で
そう思うから彼女は探してる
傷が痛いのかも忘れて 痛いという感覚すら忘れて

いつしか僕は君を止めたくなる
それ以上先に行っては

壊れてしまわないだろうかと











人気ブログランキングへ クリックして応援よろしくお願いします。いつもありがとう。
[PR]
by noriko_photo | 2010-05-26 13:32 | 詞-オトガアル。-

ぼくのおへや

a0145046_14262513.jpg

おへやの今日が ぽこっと出る音
シャワーを浴びてスッキリして
毛布にくるまれば
そこはもう僕の世界

枕元には絵本とジュースとリンゴをセット
お気に入りの香水を振りかければ
そこはもう僕の世界

あー 呆れるほどに今日を繰り返して
僕はあきるほどにここにいたい
ジッポはダメになったけど
炎のショーはすごかった
あったかいミルクティーも忘れたけど
きっと明日はぽっかぽか

たまに世界は
愉快な村
素敵だ素敵だ
ね、 おやすみ。








人気ブログランキングへ クリックして応援よろしくお願いします。いつもありがとう。
[PR]
by noriko_photo | 2010-05-25 14:27 | 詞-オトガアル。-

Place or things.

a0145046_12464998.jpg

確かに存在する場所
そこに向かう道は霧が漂ってる

光が射して
霧が灰色から白へ変わっていく それすら綺麗で

『そんなのウソだ。綺麗事だ。』

でもどこかでその存在を求めてる
触れることが出来ない 光のようなものを



声をあげて聞きたくなる日
「どうしてこんなに悲しいことがあるのだろう?」

それをくつがえすものなんてないんだって うずくまってた

でも何度も人に同じことを聞いてしまうのは
私の中に残ってる何かがその存在を信じてるから

くつがえすものの存在を信じてるから



知ってるか 絶望したときに見る光の綺麗さを

このどうしようもない心をくつがえしてくれ 
言ってくれ

心が心を想う瞬間は
どうしようもないくらい愛しいと

何にも負けず綺麗だと










人気ブログランキングへ クリックして応援よろしくお願いします。いつもありがとう。
[PR]
by noriko_photo | 2010-05-20 12:48 | 詞-オトガアル。-

神様 あなたがもし 死を楽園に仕立てあげたら

a0145046_10144325.jpg

神様 あなたがもし
死を楽園に仕立てあげたら
あたしはとっくに死んでいた

神様 あなたがもし
死の恐怖を植えつけなかったら
あたしはとっくに死んでいた

神様 あなたがもし
どうしたら天国に行けるか教えてくれたら
あたしはとっくに死んでいた

そうでしょう?

だから 生きてる部分だって きっとあるのよ








人気ブログランキングへ クリックして応援よろしくお願いします。いつもありがとう。
[PR]
by noriko_photo | 2010-05-15 10:17 | 詞-オトガアル。-

上手く描けなくなった絵

a0145046_21553613.jpg

上手く描けなくなった絵
ここでやめれば 上手く描けなかった絵
絵の具はどんどん乾いてく 何を書き足そうか迷ってる間に

オレンジに黒を混ぜたパレット 黒に染まる
白に恐れ、黒を自ら望み 
それでも消してくれたのは白










人気ブログランキングへ クリックして応援よろしくお願いします。いつもありがとう。
[PR]
by noriko_photo | 2010-05-13 21:59 | 詞-オトガアル。-

闇の風吹く冬の夜

a0145046_21413234.jpg

いつしかその風が 肌を撫でることにも慣れて
不安や恐怖とも 共存できる気がしてくる

恐怖を手なずけることができたなら
世界から消える恐怖感も 誤魔化せるかもしれない

そんな風に大人ぶって背伸びして
家の中に入ったら体がジーンとする
それが人間だ

手をこする冬の夜に 存在すらかき消そうとする黒
その中に存在を証明する白
その小さな灯に微笑んで また歩こうかと思う
それが人間だ












人気ブログランキングへ クリックして応援よろしくお願いします。いつもありがとう。
[PR]
by noriko_photo | 2010-05-11 21:42 | 詞-オトガアル。-

Goddess

a0145046_1201075.jpg

人の投げつける哀しみや苛立ちさえも、 
あなたはそっと受け取り溶かしてゆく
まるで紅茶に砂糖を入れるかのように 
優しく両の手のひらで 

人など構わず無我夢中で掻き分けて走っていた自分が そのとき初めて
“あなたは 生き残れ”と思った

吐き気のするような闇を 凛と澄んだ瞳の奥で知ってる

-Goddess-








人気ブログランキングへ クリックして応援よろしくお願いします。いつもありがとう。
[PR]
by noriko_photo | 2010-04-01 12:05 | 詞-オトガアル。-

Heart home

a0145046_1842127.jpg
あの日木漏れ日の中で
進んだ森の中
葉っぱたちをかき分けて
見つけた道 誰かの軌跡

土で少しずつ汚れ
でも笑っていた自分
きっとこれが本当の
ありのままの私なんでしょう

汚れなんて全然気にならなかった
前の光だけが見えた

見事抜けた道 たどり着いた先は
Heart home とても綺麗

今度は私だけの 秘密の sweet place 創りたい




a0145046_1844328.jpg
水のせせらぎの中で
澄んだ水に手を伸ばし
水底から拾い上げた
水滴のようなビー玉

できるだけ高く上げてみた飛沫
光と水が風に舞った

吹きぬけた風 運んでくれた先は
Heart home とても綺麗
そう いつだって心にある
My home is sweet place.

見事抜けた道 たどり着いた先は
Heart home とても綺麗
そう、いつだってあなたと
あなたと此処で逢えるから



人気ブログランキングへ
[PR]
by noriko_photo | 2010-02-28 18:19 | 詞-オトガアル。-

木陰

a0145046_11262798.jpg


今日もいつもの木陰で
楽しそうな世界を見下ろす
僕もここにいるのになぁ  ひとり呟く

昨日もいつもの木陰で
やるせない気分を唄った
安心ってなにかなぁ  分からなくて

影に混じれば 影は消え
ただそれが求めるものかは分からず
陽の光に手を伸ばした


今日もいつもの木陰で

今日もいつもの木陰で
[PR]
by noriko_photo | 2009-12-09 00:03 | 詞-オトガアル。-